savouring artless gyration into dancelike movement

ここのところジャイロキネシスでもジャイロトニックでも回を積み重ねていく毎にお客様の身体の変化がはっきり目に見えて現れていて、クラス中にとても感動することがたくさん続いていて本当に嬉しいです。

最近は特にナロウイング(引き上げ)とオポジション(拮抗)の感覚がお客様の中に入っていると動きの効率性と伸びやかさが大きく変わってくることを改めて感じていたので、ご自身の身体でその感覚を体験してどうしたら自分で再現できるかを深めていくことに集中しました。

色んな言葉や例えを変えて同じことを説明したり、同じ動きを臥位・座位・立位等の違うポジションからアプローチしたり、様々な小道具を駆使して毎回繰り返していくうちに、クラスに来るまで忘れていたとしても、一言声を掛けるとふっと意識が向くようになっていたり、普段の生活の中でその意識を思い出してやってくださったりしていて言われなくても自分で意識出来きるようになっているのが見られるようになりました。

そして何とも喜ばしい発見だったのは、そうすることでやりやすくなるとか気持ち良く伸ばせることを感じながら動いている時は余計な力が入らず無理なく動けているのであれこれ言わなくても自然と美しい形や流れになっているということです。

でもそれは何も特別な能力を必要とすることではありません。クラスにご参加いただいてる方の年齢や痛みのある場所や得手不得手等はもちろんバラバラですが、積み重ねてやり方を理解していくことでもっとできるようになっていくことからも明らかであるように、すでにある自分の身体のそれぞれの可動範囲や柔軟性の中でどんな人でもできることなのです。

無理や無駄がないと自ずとすっきり滑らかに規則正しく動いていくので、一定のリズムで螺旋や円運動をしているときれいなフォームが連続してまるで踊りのように見えます。また個人的には、ハンズオンでサポートしながらキューイングでガイドしてお客様と自分の動きと呼吸のリズムがシンクロした時の一体感はパートナーリングで息が合った時や合唱でハモった時のような心地よさに似ていると想います。

ダンスをしたことがなくても一定のペースを刻んで連続して動きをじっくり味わっていくといつの間にか踊りのように調和されたムーヴメントになっているのが見ていてとても心動かされました。狙ってなくていつの間にかそうなってるってすごく興味の尽きないところだなと想います…

What's New