続く秘訣は身も心もrefresh♪

ジャイロトニックをコンスタントに継続して下さってるお客様が気付いたら今日で二ヶ月経っていました。普段の生活の中であまり今まで意識的に使うことのなかった骨盤の内側の筋肉、太腿の裏側、内腿、お尻、下腹部、脇腹等というのはまずどうしたらそこに意識を向けられるの分かりにくいことが多いのですが、日常生活の中で経験したことのある動きに関連付けて一つずつ段階を追って積み重ねていくことにより、ちょっとずつ理解が深まっていってお客様ご自身で身体の変化を実感していただけるようになっていました。

何かを始めた時に早く技術を身につけたいと想ったり早く効果を実感したくて、最初から飛ばしすぎて身体がついていけずに三日坊主で終わってしまったことは私も何度も経験したことがありますが、ちょっとずつ変化があるかないかのところでそれを長く続けることって結構難しいですよね。

どのくらいのペースでどのくらいの負荷でやればどのくらいの効果が期待できるかはその人の生活習慣や癖やコンディションによって大きく変わってきます。

そしてお仕事やお付き合いや体調不良等によりお休みして少し遠のいてしまうと意欲が薄れてしまったり、億劫になってしまうこともよくあります。

地道に少しずつ積み重ねていくのは時間もかかるしなかなか変化がはっきり実感できない時期があったりするので、明確な目標や目的意識やそれを達成しなければならない具体的な期日がない場合限られた時間の中で効率良くコンスタントに継続するのはかなりチャレンジングだったりするのですが、改めて最近感じているのは、一番のインセンティブは何と言ってもそれをやると気持ちが良いとか身体の調子が良くなるとか気分転換になって楽しいという実体験であるということです。

どういうわけかトレーニングやエクササイズとなるとハードでキツいと感じるところまで自分を追い込まないと効いてないとか、頑張りが足りないとか、ヘトヘトにならないとやった気がしないとか思ってしまうことが多い気がします。もちろん強さや持久力を養ったり余計な力が抜けた状態を知るために限界までとりあえずやってみる等、目指す目的によって負荷を多くして行うことが必要な場合もあります。でも目標にフォーカスせずにやみくもに時間や回数を増やして無駄に労力を消耗してやたら疲れてさほど狙った効果が出ないままやった気になっただけで終わってしまっては本当に骨折り損です。

運動は快いものであると感じられるためには身体をつなげて使えるようになるとがキーポイントになると想います。そうすると全身がコーディネートして無理なく効率的に動けるようになるので実はそんなにパワーを要することなく身体のパーツがうまく連動して本来持っている可動域いっぱいを自由に使えるようになるからです。つまり身体がリラックスした状態で動くと緊張して変に力が入ることなく良く伸びることができて詰まっていたところが楽になったり凝っていたところが軽くなったりして、その開放感が心地好く感じられるのです。そして心身ともに落ち着いた状態で解放できると五感で感じることに意識が向きやすくなって自分の身体の微妙な変化もだんだん気付けるようになってくるのだと想います。お客様ご自身でそのことを実感していただけたことが何よりも嬉しいです!!

というように、ジャイロトニックでは息を吸いながら伸びて開いていくのと、息を吐きながら縮めて閉じていくのとの両方を行い、強さ・安定性・柔軟性を高め可動域を広げ、ゴムが伸縮するようなしなやかさと弾力性のある耐久力をつけていくことができるので、日常的に運動をしている方やプロアスリートに限らず、怪我からリハビリ中の患者さんやお年寄りの方もそれぞれのニーズに合わせて誰にでも身体を動かせる喜びを楽しんでいただけるところがその醍醐味の一つであることをいろんなお客様とご一緒する度に実感しています。

何を感じるか、どう感じるかは千差万別なのですが、やはりお客様の合点がいった瞬間は私にとっても大きな励みとなりますので、その方にとってなるべくピンポイントで分かりやすい例えや分解して段階ごとに積み重ねていくやり方等あれこれ一緒に模索してこれからも柔軟に試していきたいと想います。

What's New